MENU
マイテンポで豪州田舎暮らし
地球の隅っこからスローライフれぽ
海外渡航

【盗難?!】真夜中ホテルに戻って驚愕。部屋のドアが開いてる? 😱

朝絶対閉めた…てかオートロック!!

なのに開けっ放しって?

ドアガードのバーが壁とドアの間に
挟まったままになっていたのです。

 

こんにちは。ほのかです。

発見したのは夜11時半。

楽しかった日本滞在の最終日のこと。

この日はちょっとした
ハプニングに見舞われ
(これについては後日書きますが)
夜中にやっと部屋に戻ったときです。

 

部屋の前まで来たら何かがおかしい。

ドアが開いてる?

ドアガードのバーが壁とドアに
挟まったドアを見て

あれ? 部屋間違えたかな?

今一度あたりを確認したけれど
やっぱりこの部屋に間違いないよう。

 

朝部屋を出るときは
ノブを動かし施錠を確認するので
閉めたことに間違いありません。

ゾワーッと鳥肌が立ってきました。

空き巣? 誰か中にいるのかしら?

それとももう荒らした後なのか…。

中は静かだけれど、そのまま開けて
誰かと鉢合わせるのも怖い。

ここはひとつホテル従業員に
見てもらおうとフロントに戻ると
今すぐ誰か送るので
部屋で待つように言われました。

 

エレベータを待ち
また四十数階まで戻ります。

部屋の前でうろうろ待ったけれど
誰も来る気配はなく
またフロントに戻る私。

高層ホテルの四十数階なので
エレベータを待ち
降りたり上がったりするたびに
それなりの時間がかかります。

 

フロントに行くと
行き違いで係の人が
部屋に向かったとのこと。

部屋にはようやく到着した係の人が
上で待っていたハビさんと
中に入ったところでした。

 

部屋の中には誰もおらず
荒らされた形跡もありません。

清掃係の人が最後に
施錠を忘れたような感じです。

部屋の清掃が行われたのは朝。

それから一日開けっ放し?

誰かが入って来なかった
とも限りません。

 

老舗4つ星ホテルで
こんなことが起こるとは。

立ち会った客室スーパーバイザーは
侵入者がなかったかどうか
ビデオで確認しに戻って行きました。

部屋の中をざっと確認したところ
無くなったものはなさそうです。

お風呂に入っていると
電話がかかってきて
ビデオでは清掃の後部屋に入った人は
認められなかったと伝えられました。

とりあえずホッ。

安心すると
腹が立ってきました。

なんていい加減なセキュリティ!

安全あってこその
快適な滞在なのに。

 

長期滞在のときは通常
アパートメントホテルを好み
ホテルはほとんど利用しません。

が、いつもより滞在が短めの今回は
新宿駅から徒歩数分の便利さと
長期滞在用の設備も整えていたことで
4つ星ホテルなら安全で
それなりに快適だろうと
選んだホテルでした。

その4つ星ホテルで起こった
お粗末な事態にがっかりです。

 

もちろん客室スーパーバイザーの
対応ははさすがで
きちんと謝ってくださった上で
訳あって延泊した部屋を
アップグレードをオファ頂きました。

兎にも角にも無事一段落して
就寝したのは午前2時過ぎ。🥱

 

翌朝。

部屋の移動のため荷物をまとめていて
ふと質問が浮かび
フロントに電話しました。

昨夜の客室スーパーバイザーを
お願いすると
今朝はいらっしゃらないとのこと。

では誰か昨夜のことをご存知な方と
話したいお願いすると
“私が承ります” と言うので
昨夜の経緯はご存知ですかと訊くと
“知りません”と明言。

説明しなくてはなりませんかと聞くと
“その必要はありません。”

 

つまり聞く気はないと。

その強い口調にムッ😠
ちょっと皮肉るつもりで

では係の方につないでいただくには
ウェブサイトにコメントでも
するしかないのでしょうか?と聞くと

“どうぞそうしてください。
参考にしますから” とさらに強気。

 

参考?
客室係によるドア開けっ放しが??

いや参考じゃ困る。
絶対無くしてもらわないと。

まあこの人と言い争っても
時間の無駄なので
では他の人に聞くことにします
と電話を切りました。

 

大きなホテルでは
ときどきこういう対応を受けます。

情報が伝わらないのか
情報の読み方を知らない人も
働いているということか…。

そういえば滞在中も
他のフロントスタッフに
部屋代に含まれるはずの
駐車場代を請求されたり
したこともあったっけ。

ホテルがほとんど満員で
混雑していたことも
あったと思います。

フロントはいつ行っても行列。

フロントに電話で施設や
サービスについて質問するたびに
電話を受けた男性は答えられず
質問ひとつごとに保留にしては
1分、2分と待たされました。

 

そのときどき対応する人によって
サービスの質が大きく異なるのです。

良い対応をしてくれる
人に当たればラッキー。

対応の雑な人に当たったら
アンラッキー…?

 

客室係の番号もあったことに気づき
そちらにかけてみます。

こちらには昨夜の方から
引継ぎを受けたと思われる
スーパーバイザーがいらして
質問に答えてくれました。

初めからこちらに
かけるべきだったのね…。

 

前夜の事件と朝のフロントの対応で
ちょっと疲れた私たちでしたが
その後は無事に部屋を移り
チェックアウトまではトラブル無しに
過ごすことができました。

お部屋は快適でしたが
何千人いる宿泊客のひと部屋で
一晩に何十件と起こるトラブルの
ひとつなんだろうなという
印象を残して滞在が終わりました。

仕方のないことなのでしょうかね。

 

次回はそれほど大きくない
アパートメントホテルがいいかな。

 

ご訪問ありがとうございます。

よろしかったらポチしてって
いただけたらうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村